別れた人の悪口を言うのって、まだめちゃめちゃ好きですって言ってるのと同じ

前に付き合っていた人がいたのですが、元彼から告白してきたのに別れた途端「気の迷いだったわ」と他の人と笑いながら話しているのを聞いてしまいました。それ以来男性のいう「好き」という言葉が信じられなくなってしまいました。別れてからもと彼女の悪口をいう人の真理を教えてください。


ボクはどちらかというと一切触れたくないタイプ

ん~そういう人もいるのかな。ボクはどちらかというと、過去のことは過去のこととして、さっさと過去にしたいから一切触れたくないし、話題にも出したくなくなるタイプ。

頭の中からできるだけ早くそのことを考える時間を減らしたいって感じだから、キミの元彼みたいな感じにはあんまりならないけれど、でも、言いたくなる男の気持ちもわからないでもないなって思うの。

だってさ、何が原因かはわからないけれど、別れちゃったってことは何かが合わなくて一緒にいられなくなったってことじゃん?で、そうなってしまった現実を肯定したいじゃん。自分の今の選択が正しかったって思いたいじゃん誰しも。

本当は好きで好きで仕方ないのに「あ~別れて正解だったわあんな女。一緒にいるだけで疲れちゃうし」とかなんとか言っちゃうのと一緒で、そうやって自分で思い込もうとするのは誰しもあると思うの。

だから、キミの元彼が言ってんのもそう言った類の可愛い強がりだよね。めちゃくちゃダサいけど。

そうやって友達と笑いながら話してたら、キミとの失恋の痛みも感じなくて済むじゃん?そんなもんだよ。

逆にボクは絶対言いたくないのよね。過去の自分を否定しているような気持ちになるし。気の迷いだったわって言っちゃったら、めちゃめちゃダサい女の子と付き合ってたって自分で認めちゃうことになるし。

あと、後からそうやってグダグダ言ってるのって本当に気持ち悪いなって思うし。きもいじゃん。なんかそれを悪口っぽく友達と言ってるのもめちゃくちゃダサいし。

ムカつくかもしれないけれど、さっさと忘れな。次にいい人見つかるよきっと。

お悩みはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *