好きだって言ってくれたのに付き合ってくれないのは、その「好き」が「おはよう」と同じだから

好きだった人に突然彼氏ができました。 その人は20歳まで恋愛しないと言ってて待つつもりでした。好きとかゆってくれたりぎゅーってしてくれたりしてたんです。ここで諦めるべきでしょうか。そんなことがあっても好きでたまらなくて、まだ諦めきれてないんですがどうしたらいいですか? 


詳しくはわかんないけど、キミは最初から相手にされてないよ

まずさ、ぎゅーってなんだよ。ぎゅーって。ぎゅーとか言ってるからダメなんだよ。ぎゅーとしてくれたんです。とか言ってるから相手にされないんだって。男ならガシっ!っていけよ。まったく。。。

もう1000回は言ってると思うんだけれど、諦めるかどうかなんて自分で決めなって。それくらい自分で決めなよ。え?客観的なアドバイスが欲しくて?なら言っちゃうけれど、キミは最初から相手にされてない。残念。

だって、ぎゅーとかしてくれたりしたんですって言ってるような男なんか嫌じゃない?なんか嫌。キミはおそらくいい奴なんだろうけど、いや。

男らしさとか女らしさとか、いまの時代はそんなものを口にしようものなら差別だってなるし、実際そういうものが薄まってきているんだとは思うんだけれど、男として理想的な佇まいってのはやっぱあると思うんだよね。そりゃあみんなそれぞれ好みがあるから、なよなよした男が好きってのも全然アリ。アリなんだけれど、多くの人はぎゅーってしてくれたとか言ってる男はなんか嫌だと思うの。頼りないというかなんというか。

あのね、諦められる状態の時に諦めるのって、諦めるって言わないでしょ?できる状態の時にできるのって普通じゃん?諦めるのってすごく苦しいことでしょ?そんなのわかってるじゃん?それなのに、まだ好きでたまらないんですって当たり前でしょって。好きでたまらない時に、もう会わないようにしたりするのが諦めるってことでしょ。なに楽しようとしてんのよ。

は。ということで、諦める方法なんかないし、諦められないし、辛いのは当たり前だけれど、そのままその子を好きでいてもキミはきっといい思いはできないと思うよ。そう言ってもキミは諦めないんだろうけれどね。

お悩みはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *