本気でやらなきゃ、失敗しようが成功しようが、未来にはつながらない

ずまさん!はじめまして! リビジョンの音楽にパワーをもらっている私から、ずまさんにアドバイスをしていただきたいことがあります。私は習い事で太鼓をしているのですが、そこで部活動でいうと部長みたいな役割を先生から任されました。太鼓は小学生から社会人までが入っている団体であり私は大学生ですが太鼓の歴は短いため、技術面では私よりも上の方がたくさんいます。そんな中で部長のようなポジションとして頑張っていくには、何を大切にすればよいのでしょうか? ライブ曲作り等でお忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします! 


キミは絶対にいい部長になるよ

文章から滲み出る、キミの人の良さだけできっとキミは素敵な部長になるだろうと思うけれど、一応キミよりは長く生きてるから僕が感じたことを書いてみるね。

まずさ、技術面で部長を選ぶのならばキミはきっと選ばれてないんだよ。だから、先生がキミを部長に選んだ理由を先生の立場に立って考えて見たらいいんじゃないかな。キミは何を期待されて部長というみんなをまとめる役割を任されたのか。それが大事だと思うんだよね。

だからさ、技術面が周りより劣っていようがそんなことは気にしちゃダメなんだよ。気になるのだろうけれど、気にしちゃダメ。そう言うことを気にしちゃうと部長として、自信を持って発言しなきゃいけない時にできなくなっちゃうんだよ。みんなを引っ張っていかなきゃいけないタイミングでそれができなくなっちゃう。だから、時には自分のことをちゃんと棚に上げなきゃいけないし、少しは嫌われ役をやらなきゃいけない時だってある。でもそう言う経験含めて、うまくいくこともいかないことも全部キミの財産になっていくと思うんだ。

あとは、やっぱりいろんな年齢の人がいるってことだから、そこが難しいと思う。世代が違えば、おのずと感覚や考え方が違ってくるんだよね。小学生には普通のことでも社会人にはありえないことかもしれない。その間に立ってキミが部長として、責任を持って一つの正解を示さなきゃいけない時もある。

まあ、いろんな難しいこと書いちゃったけれど、なんやかんや楽しい雰囲気を作ることができたら、みんな協力してくれると思うよ。

頑張って良い太鼓叩いてね。

 

お悩みはこちらから

1 Comment

たのしい太鼓

ずーまーさん、ありがたいお言葉をありがとうございます!
部長という自信を持って、私自身そして周りのみんなが楽しんで太鼓を叩けるようにがんばります!
きっと部長という役割をお願いされたのも、何かの縁だと思うので、このことをムダにしないようにしたいと思います!
本当にありがとうございました!

あと2月のライブ、楽しみにしています!

返信する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *