映画「ターミナル」

めっちゃ良かったんだけど。ビックリするくらいピュアな物語で素敵過ぎたね。

またまた僕の大好きなトムハンクス主演。この人はどうしてこんなに青臭い人間の役がうまいんだろうか。そして、どうしてここまでリアルに演じきれるんだろう。本当にいるんだろなって気にさせてくれる。だから、こっちもまったく違和感なく気持ちよく物語に入っていけちゃうよね。

物語の内容としては、結構特殊なストーリー展開と題材かなと。空港から出られない男の話なんだけど、よく出来てるなーとしみじみ思ったね。母国が戦争になってニューヨークの空港から出れなくなっちゃったんだけど、普通ならその状況に嫌気がさすでしょ?時間の無駄じゃんとか思っちゃうじゃん?

なんかね、そこでその環境でイレギュラーな障害があってもそれすらも楽しんでプラスにしちゃう。そんなポジティブなエネルギーがものすごいのよね。

なぜか途中でトイストーリー見てるような気分になったんだよね。なぜか。

色んなモノが起こるし、僕らは生きている限り思い通りにいくことの方が少ないでしょ?でも、この主人公はその環境でネガティヴになることがまったくないんだよね。それがなんか観てて清々しいのよ。空港で寝泊まりしてんだよ?イヤになるじゃん?

でも、いつの間にかものすごい人望と人脈を広げて行って空港の中にたくさんの味方ができるようになるの。しかもずーっとピュアなの。

ニューヨークに来た理由もピュアだし、恋もピュア。不器用にまっすぐ過ぎるがゆえに、色んなモノに利用されそうになるんだけど、伝わるヒトには伝わってるから、色んな人が助けてくれる。

うん。かなり好きなタイプの映画でした。トムハンクスがやっぱたまんないわ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *