修学旅行に不参加の学生って、なんでちょっと痛いヤツみたいになるんだろうね

修学旅行が行きたくないです。でも、親が許してくれません。高校入った時からずっと行きたくないと言っていたのに理由も聞かずに無理と言われます。どうすればいいですか?

本気で行きたくないならば行かない方法を真剣に考えた方がいい

キミが修学旅行に行きたくない理由はわからないけれど、本気で行きたくないと思ってるなら行かなくて済む方法を真剣に考えて行動に移した方がいい。高校に入った時から行きたくないと思っているものに参加したところで、旅行先で変に浮くだけだし、みんなが楽しそうにしている中キミはつまらなさそうにしてむすっとしている顔を周りにまき散らすことになるからね。それに、自分の気持ちがより落ち込んでしまうと思うから、我慢してまでいく必要はないと思う。

でもね、それと同時にキミは一つ覚悟しておかなきゃいけない。周りからは「修学旅行に行かなかった人間」という目で見られるということ。学生生活における一大イベントである修学旅行に行かないということは、大きな群れの流れから外れる痛い奴として見られてしまうかもしれない。周りの大きな流れから、抜け出して、自分だけ違う場所に行こうとする人間に対して、その集団はとても残酷な者なんだよね。

直接的にいじめられたりはしないかもしれないけれど、キミとクラスの人間の間には微妙に変な空気が流れることになる。そしてこの先、ずっと修学旅行の思い出話の会話には参加できないよね。

そうゆう痛みを覚悟できるなら、むしろ行かない方がいいと思うよ。でも、周りに馴染んで波風立てずに学生生活を乗り切りたいのなら、とりあえずいっておいた方がいい場合もあるよね。

キミがしっかり自分で考えて、両方の考えを天秤にかけて考えた方がいいね。

とまあ脅かしてはみたけれど、長い人生でみれば、修学旅行のことなんて全く覚えてないし、そんなものは行こうが行かまいが僕の人生には全く影響は無かっただろうなとは思うね。あと、親の言うことなんて聞いても聞かなくてもどちらでもいいと思うよ。もう数年したらキミは自分の力で生きて行かなくちゃいけなくなるし、もっと自由になるんだよ。人のいうことに慣れすぎた人間ってのはつまらないものなんだよ。

 

お悩みはこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *