グロさ、エグさを使わず、最上級の不気味さを表現した作品 – 映画「ゲット・アウト」-

 

まずは予告編をどうぞ

 

amazon

言葉で言い表せない不気味さ

本当にヤバい。怖い。最初、僕黒人と白人が人種の壁を乗り越えて恋愛するストーリーだと単純に思ってたもんね。

それがなんだかわかんないんだけど、気づいたらちょっとずっと気持ち悪いの。なんか彼女のお父さんとかお母さんとかきもいの。優しいんだけど、きもいの。

いやーものすごい練られたストーリーだと僕は思いましたね。こうゆう映画をバンバン作って欲しいですよね。

アクション映画とかみたいに、派手にビルがドッカーン!とかすげえ高いところから飛び降りてこれでもかと映像美を見せつけるのもアリだけどこうゆうストーリーが練られに練られた作品を見るとたまんないよね。

ただのホラーじゃない

なんか、ホラー映画に分類されてるらしいんだけど、まったくホラーではないと思うんだよね。そりゃあ怖いんだけど、おどかしたりとかあんまりないもん。それよりは人の感情とか不気味さにキツくなって来る方が多いと思うんだよね。

だってやばかったもん途中の黒人の使用人の女の人が泣くシーンとか。泣いてる意味わかんないし、話してることも意味わかんないんだけど、マジで怖いの。てか演技がエグい。マジですごい。この女の人の顔みたら思い出すもん。マジで不気味すぎてヤバい。

オチが一級品

オチがなんといっても一級品だよね。しっかり、黒人とか白人とか途中日本人も出て来るんだけど、いろんな人種がいるんだわ。で、その白人至上主義みたいなものに対してしっかり考えさせられるんだよね。見終わった後に。僕ら日本人からしたら、白人とか黒人とかそんなのもうあんまないでしょって思うけど、これ作られたの2017年だからね。そりゃあまだ根深く残ってるから、こうゆう映画作るんだろうしね。人種ってなんなんだろうね。肌の色だけじゃないんだろうねきっと。もっとドロッとしたものや、サラッとしたものや、ぎゅっとしたものや、おいおいって言っちゃうようなものも含めて人種なんだろうね。

僕は「日本人で良かった。」なんてまだ言えないな。他の人種になったことないし。なんでもやってみなきゃ何も言えないよね。分かったふりして生きてるやつほど、ダサいものないもんね。

みんなも良かったら見てみたらいいよ。短いし、展開早いし、演技が上手いし、別世界に引き込まれちゃうよ。映画っていいなほんとに。

 

amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です